シマダヤ、家庭用チルド麺市場に初の機能性表示食品

小麦加工 ニュース 2019.05.29 11883号 02面
「健美麺 食後の血糖値上昇を抑えるうどん 1食」

「健美麺 食後の血糖値上昇を抑えるうどん 1食」

シマダヤは今秋、家庭用チルド麺市場で初の機能性表示食品を展開する。「美味しく食べて健やかな食生活をサポートする」をコンセプトに、同社の健康麺を包括する「健美麺」ブランドを9月1日に発売開始する。その中に、食後の血糖値上昇を抑える作用を持つアルギン酸Ca(カルシウム)を5%配合したうどん、そば、中華めんの機能性表示食品を新発売する。

機能性表示食品「健美麺」食後の血糖値上昇を抑えるシリーズの開発に当たって、16年に高崎健康福祉大学大学院の荻原琢男教授との共同研究がスタート。17年に本格的な臨床試験を実施。うどん、そば、中華めんの計3回行った。その臨床試験をエビデンスとし、消費者庁に届け出を提出。「本品にはアルギン酸Caが含まれるので、食後の血糖値上昇を抑える機能がある」ことが認められ、届け出が受理された。約3年をかけて商品化にいたった。

同品は、機能性関与成分として、海藻由来のアルギン酸Caを麺に配合しながら、チルド麺としてのおいしさを実現した商品として開発。血糖値を気にする人が従来と変わらないおいしい麺が楽しめる商品として提供していく。

アイテムは「健美麺 食後の血糖値上昇を抑えるうどん 1食(180g)」「同 そば(160g)」「同 中華めん(150g)」の3品。税抜き希望小売価格150円で、関東、甲信越、静岡、東北、北陸、中京、近畿、中国、四国エリアで販売する。

木下紀夫社長は「持続的な成長ができる一つの柱としていきたい」と意気込みを語った。加えて、ウェルネス商品として従来展開している食塩ゼロの「本うどん」と「本そば」や糖質40%カットの「本うどん」、家庭用冷凍麺の食塩ゼロや糖質40%カット商品を「健美麺」ブランドとして展開する。

麺と合わせて、「健美麺 塩分40%カットめんつゆ2人前」「同 カレーうどんつゆ1食」「同 塩分30%カットラーメンスープ鶏ガラ醤油味1食」の健康志向に向けたつゆ・スープも販売する。(久保喜寛)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら