サンヨー食品、夏食べたい味でサッポロ一番「みそ」「塩」限定袋・カップ投入

小麦加工 ニュース 2020.05.27 12056号 03面

サンヨー食品は、6月1日から「サッポロ一番 みそラーメン 加賀味噌使用 ねぎみそ風 5食パック」=写真(上)、「同 みそラーメンどんぶり 加賀味噌使用 ねぎみそ風」「同 塩らーめん 北海道 ホタテだし仕上げ 5食パック」=写真(下)、「同 塩らーめんどんぶり 北海道 ホタテだし仕上げ」を新発売する。

これは、同社がサッポロ一番公式ツイッターアカウントで実施した“夏に食べたい味”のアンケートでそれぞれ1位となった味わいを、限定の袋麺とカップ麺で同時に展開する。

これまでも「みそラーメン」と「塩らーめん」で限定発売したご当地コンセプトの商品は、地元愛の強さや普段食べられない味わいが楽しめることから、多くの消費者から好評を得ている。

今回も、ロングセラーの安心感にご当地特有の要素を加えた限定商品の提案で、「サッポロ一番」ファンのマインドを刺激するとともに、新規ユーザーの獲得、ブランド全体の強化と市場の活性化を図っていく。

「みそラーメン 加賀味噌使用」は、もちっとした歯応えのあるしなやかな食感の麺を使用。コクのある味わいが特徴の加賀味噌に、ネギやオニオンを配合し“ねぎみそ風”に仕上げた。「みそラーメンどんぶり 加賀味噌使用」は、表面につるみをもたせた粘りのある食感の麺を採用した。スープは、袋麺同様に、「みそラーメン」の味わいを加賀味噌でアレンジし、“ねぎみそ風”とした。具材はザク切りにしたチンゲン菜、白菜、キャベツの食べ応えがありつつ、コーン、ニンジンのやさしい甘みがスープとよく合う。

「塩らーめん ホタテだし仕上げ」は、しっかりとしたコシのあるしなやかな食感の麺を使った。スープは、チキンとポークのうまみにオニオン、ガーリックの香味野菜、スパイスの風味を利かせた塩味に北海道産のホタテのうまみを加えて風味豊かなスープとした。

「塩らーめんどんぶり ホタテだし仕上げ」は、つるみが表面にあり、粘りのあるもちっとした食感が特徴の麺を使用。スープは、袋麺と同じく、「塩らーめん」の味わいをご当地食材でアレンジした。ザク切りにしたチンゲン菜、白菜、キャベツ、コーン、ニンジンの5種類の野菜を具材とした。(久保喜寛)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら