キンレイ、「お水がいらない」で新たに鍋提案 販売目標3000万食を視野に

多彩なラインアップが魅力の「お水がいらない」シリーズ

多彩なラインアップが魅力の「お水がいらない」シリーズ

 キンレイは20年秋冬の新商品として、冷凍食品の「お水がいらない」シリーズに「鍋」という新たなコンセプトを持った商品を投入する。新商品は「お水がいらない鍋」シリーズで、個食化の課題となっている、おいしく健康的に野菜摂取を可能とする鍋を提案することで需要を創出する。今回の新シリーズを加えることでさらなる成長を目指していく。今期(20年4月~21年3月)の販売目標は2900万食を目指しつつ、3000万食も視野に入れる。  「お水がいらない」シリーズは簡便性と本格的な味わいが支持さ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら