日清食品ホールディングス、「未来社会創造事業」課題に培養ステーキ肉研究

総合 ニュース 2020.08.31 12107号 01面

 日清食品ホールディングス(HD)と東京大学大学院情報理工学系研究科の竹内昌治教授が進める「培養ステーキ肉」実用化を目指す研究が、科学技術振興機構(JST)の「未来社会創造事業」(探索加速型)の新規本格研究課題に決定した。  同社と竹内教授は、17年度から共同で研究を進めている「培養ステーキ肉」の実用化を目指して研究を推進。竹内教授を研究開発代表者とした「3次元組織工学による次世代食肉生産技術の創出」は、18年度からJSTの「未来社会創造事業」の探索研究課題に採択されていたが

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら