2022新春の抱負:日本冷凍めん協会・吉岡清史会長 4方針軸に施策展開

 新型コロナウイルス感染症については、ワクチンの接種が進み、感染防止とともに社会・経済活動との両立に向け、ようやく動き出したように思います。しかしながら新たな変異株による感染再拡大が懸念されるなど、引き続き予断が許せない状況が続いております。コロナ禍の2年間、外出自粛や店舗の営業時間短縮、また消費者心理などにより、人々の生活スタイルは大きく変化し、食に関わる業界も多大な影響を受けてきました。
 このような情勢下、冷凍めん類の2021年度の動向としては、

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

書籍紹介