味の素、ネットとリアル融合 家庭用会員300万人目指す “声”企業活動に生かす

調味 ニュース 2013.01.14 10775号 01面
横山敬一本部長

横山敬一本部長

 味の素は、14~16年の新3ヵ年計画を策定するにあたっての基盤をつくるため、13年はネットとリアルの融合に照準をあわせ、具体的な施策を展開する。生活者一人一人、店舗一店一店から吸い上げた声を企業活動に生かす「FOR ONE、ONE FOR ALL」マーケティングによって市場を深く掘り下げ、製品開発に生かすというもの。家庭用ネット会員では3年目の14年に300万人を目指す。現3ヵ年計画の最終年度となる13年、事業環境にかかわらず、堅調な国内食品事業の下支えとして積極的に海外事

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら