タイ、農畜産業がマイナス成長へ 昨年からの干ばつ影響でコメ・トウモロコシ不作

総合 ニュース 2020.08.19 12100号 02面
タイ北部でのコメの収穫。今年上期は全国に不作が広がった=昨年10月、北部チェンライ県で小堀写す

タイ北部でのコメの収穫。今年上期は全国に不作が広がった=昨年10月、北部チェンライ県で小堀写す

東南アジアの農業国タイで、今年の農畜産業の成長率がマイナスに転じる見通しだ。昨年からの干ばつでコメやトウモロコシの収穫が落ち込んでいるのに加え、新型コロナウイルスの感染拡大による国際市場の縮小などにより輸出が大きく低迷していることが主な原因だ。中でも主力のコメの輸出不振は深刻で、ベトナムに抜かれ3位に転落することが確実視されている。好調な豚肉や鶏肉などの畜産業が下げ幅を抑えているものの、年間を通じた成長率はマイナス2%前後となる見通しだ。

農業・協同組合省農業経済事務局によ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら