東京都卸売酒販組合、酒の“悪者扱い”払拭へ

卸・商社 ニュース 2021.06.14 12243号 03面
國分晃理事長

國分晃理事長

 東京都卸売酒販組合は3日、東京・ルポール麹町で第69回通常総会を開催。國分晃理事長(国分グループ本社社長)が酒類の提供禁止について触れ、「酒の“悪者扱い”を払拭(ふっしょく)するため、酒に対する親しみがわくような新たなイメージ戦略と新規需要開拓に製配販3層で取り組まねばならない」と訴えた。
 國分理事長は、日本国内の経済についてはワクチン接種のスタートで徐々に回復するとしながらも、酒類に限れば「東京都の感染拡大対策の説明で酒類の提供が悪者扱いされたこ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら