日本紅茶協会、新年会開催 好調追い風にさらなる活性化を

堺弘行会長

堺弘行会長

柴田裕副会長

柴田裕副会長

 日本紅茶協会は10日、新年会を浜松町東京會舘(東京都港区)で開催した。紅茶業界の発展を年初に願うとともに、業界間の親睦を深めるために毎年行うもので約100人強が参加した。堺弘行会長は「令和元年となった昨年の紅茶市場はリーフ・ドリンク製品の好調に加え、外食市場での紅茶商品数の増加などにより、非常に活性化した1年となった。昨年11月末時点の日本の紅茶輸入量は、前年比10%を超え、約1万6430tとなり、好調に推移している。今年も、紅茶製品の安全・安心の確保はもちろんのこと、昨年

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら