ゴンチャジャパン、「フルーツ ビネガー」22日から全店投入 新たな顧客拡大を

外食 ニュース 2020.07.31 12090号 03面
顧客拡大を目指す「フルーツビネガー」

顧客拡大を目指す「フルーツビネガー」

原田泳幸会長兼社長兼CEO

原田泳幸会長兼社長兼CEO

 ゴンチャジャパンは、新たな成長戦略に着手する。同社の看板メニュー「タピオカミルクティー」に次ぐ、新たな成長の柱とすべく、果汁から発酵して造られたお酢を使用し、「ゴンチャ」オリジナルでアレンジした「フルーツ ビネガー(Fruits Vinegar)」を22日から全店で投入している。10~20代の女性を中心とする既存ユーザーの来店頻度を高めながら、家族連れや男性などを含めた新規ユーザーの獲得による顧客の拡大を図り、さらなる成長を目指す。  06年に台湾の高雄市で創業した「ゴンチ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら