グランツ、非接触型手指洗浄機を製品化 省スペース・乾電池化など実現

(左)省スペース化を実現したBOXタイプ、(右)スタンドタイプは高さの伸縮が可能

(左)省スペース化を実現したBOXタイプ、(右)スタンドタイプは高さの伸縮が可能

 アルミやステンレス、アルミハニカムの加工などを手掛けるグランツ(古屋直人社長)は今春、本体部分への接触なしで手指の消毒洗浄が可能な製品を今春開発、ショッピングセンターや空港施設などへの導入を進める。新型コロナ感染拡大により、各施設で手指消毒がマスト化している中、待望の非接触型手指洗浄機として製品化。手拭きやゴミ箱もオールインワンで付属させ、乾電池も使用できる。省スペース設計によって場所を選ばず設置できるなど、感染拡大防止を支援する。「すでに受注もあり、多くの問い合わせを受け

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら