日清オイリオグループ、パーム油持続可能性強化 22年まで認証油100%目指す

 日清オイリオグループは、パーム油の持続可能性に関する取組みを強化する。現中計で成長戦略の重要施策として「ESGを重視した経営の実践」を進めているが、その一環として今夏、同社グループが取引・加工するパーム油製品に関するアクションプランを公開した。22年までにパーム油の認証油比率100%化を目指すほか、25年を目標に農園までのトレーサビリティー割合を把握する体制構築を目指す。
 同社では現中計の重要施策の一つとして「ESGを重視した経営の実践」を掲げてお

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら