新型コロナ:よつ葉乳業、道内高齢者施設へヨーグルト寄贈

特養ホームの職員(右)にヨーグルトを手渡すよつ葉乳業の担当者

特養ホームの職員(右)にヨーグルトを手渡すよつ葉乳業の担当者

【北海道】よつ葉乳業は、新型コロナウイルス感染症の重症化リスクが高い高齢者を励まそうと、道内224の高齢者福祉施設にヨーグルトの寄贈を始めた。初日の13日には同社担当者が特別養護老人ホーム西野ケアセンター(札幌市西区)を訪れ「よつ葉濃厚ヨーグルト プレーン」80個を手渡した。

今後札幌や北広島、旭川、十勝、根釧、オホーツク、宗谷など同社が拠点を構える地域の高齢者福祉施設に順次配布し、全道で約1万5000個を寄贈する。

全道に437会員施設を持つ北海道老人福祉施設協議会事務局で贈呈先の北海道社会福祉協議会は「コロナウイルス感染症の影響で、高齢者施設のほとんどが面会や外出を制限され、入所されている方々には閉塞感、焦燥感が募っている。そんな中、今回の寄贈は大変に勇気づけられた」と感謝のコメントを寄せた。(長島秀雄)