寿高原食品、「ジャムまつり」開催 果実加工開始100年の感謝伝える

大にぎわいだった寿高原食品の「ジャムまつり」

大にぎわいだった寿高原食品の「ジャムまつり」

 【長野】今年で果実加工開始から100周年を迎えた寿高原食品は11日、千曲市の本社で「第3回ジャムまつり」を開いた。地元市民ら約1500人が来場、ジャムやジュースの即売をはじめ、ジャムの素材を当てるクイズや空き瓶を使った工作などを楽しんだ。  今回、初めて企画した「コッペパン・ジャム塗り放題」には、家族連れなど大勢が行列。1個100円で購入したパンにイチゴやブルーベリー、巨峰、白桃などのジャムなどを好きなだけ塗ることができるとあって、「子どもよりも大人の方が真剣な顔」(同社担

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら