麦茶に胃粘膜保護作用、共同研究で発見

飲料 ニュース 1999.09.10 8581号 6面

全国麦茶工業協組(東京都千代田区、03・3254・2563)は、平成10年度から静岡大学農学部・衛藤英男教授に麦茶の機能性に関する研究を依頼していたが、このほど衛藤教授と京都薬科大学・吉川雅之教授の共同研究として行った「麦茶のメタフール抽出物の生物活性スクリーニング試験」の結果、日本人の伝統的飲料である麦茶に次のような作用があることが新たに発見された。 (1)胃粘膜保護作用(2)アルドース還元酵素阻害活性(糖尿病合併症予防効果)(3)NO(酸化窒素)産