国税庁、「和歌山梅酒」を梅酒初のGI指定へ

酒類 ニュース 2020.07.13 12080号 02面

 日本最大の梅産地である和歌山県で造られた梅酒が地域ブランドとして国の保護を受ける地理的表示(GI)に指定される方向となった。国税庁が7日発表した。  和歌山県で造られ、一定の生産基準を満たした製品だけが「和歌山梅酒」を名乗れるようになる。梅酒のGI指定は初。国税庁は今回の指定に対する意見を8月7日まで受け付けている。  和歌山梅酒の生産基準には、酒類に浸漬する梅の実は県内で収穫された新鮮な青梅または完熟梅のみを使うことなどが条件とされている。  「和歌山梅酒」の用語使用と合

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら