オリックス、兵庫県で太陽光型水耕栽培 葉物野菜では西日本最大

総合 ニュース 2018.04.30 11695号 03面
地域農業活性化や雇用促進で地元の期待が高まる

地域農業活性化や雇用促進で地元の期待が高まる

 オリックスが出資する国家戦略特区・兵庫県養父市のやぶファームは、太陽光利用型水耕栽培施設を竣工させ、ホウレンソウなど葉物野菜生産を開始。5月8日から西日本中心に出荷開始する。やぶファームは、オリックス100%子会社オリックス農業と養父市、JAたじま、地元農業者の共同出資で誕生した農業生産法人。今回完成した施設は、葉物野菜水耕栽培施設では、西日本最大となる。  今回の稼働により、天候や季節に左右されず、年間を通じて安定量・安定価格での供給が可能となる。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら