アイリスオーヤマ、角田工場に新設備 医療用マスクなど不足解消目指す

 アイリスオーヤマは、家庭用マスクの国内生産拠点・宮城県角田工場で、医療機関で不足する「医療用N95マスク」と、品薄状態が続く「除菌ウエットティッシュ」の生産ラインを導入することを決定。来秋の本格稼働を見込む。併せて、有事の際の安定供給を目指し、茨城県つくば工場敷地内に生活必需品を備蓄する第2倉庫を、来年中に増設する。投資額は角田工場のライン新設が約10億円、つくば工場の第2倉庫が約25億円。
 同社は新型コロナウイルス感染の拡大・長期化に対応し、家庭

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら