アイリスオーヤマ、鳥栖工場にパックご飯と炭酸水製造ライン導入

総合 ニュース 2022.05.18 12399号 04面
大山健太郎アイリスオーヤマ会長(右)と橋本康志鳥栖市長

大山健太郎アイリスオーヤマ会長(右)と橋本康志鳥栖市長

 アイリスオーヤマは佐賀県の鳥栖第一工場に、パックご飯と炭酸水製造ラインを導入する。これに伴い11日、鳥栖市役所で同市との進出協定式を開催した。
 同社はパックご飯を宮城県角田工場、飲料水を富士小山工場で製造するが、両市場の大幅な需要増に対応し今回、約120億円を投じ工場を改修。西日本の生産・物流拠点として、また中国や台湾、ASEAN諸国など海外輸出の拠点としても機能させ、3年後に売上げ規模100億円を目指す。12月に着工し、竣工・操業開始は24年3月