伊藤忠食品、地域産品強化 今期売上高10億円目指す

卸・商社 ニュース 2015.05.20 11182号 02面
ユーユーワールド(栃木県)の「ご飯にかけるギョーザ」。ギョウザ具材を醤油やラー油で味付け、ご飯が進んで“ヤミツキ”になる一品

ユーユーワールド(栃木県)の「ご飯にかけるギョーザ」。ギョウザ具材を醤油やラー油で味付け、ご飯が進んで“ヤミツキ”になる一品

大黒食品工業(群馬県)の新製品「ぐんまちゃんやきそば」。群馬県のB級グルメ「上州太田焼きそば」をイメージ、具材にほくほくのジャガイモを使用

大黒食品工業(群馬県)の新製品「ぐんまちゃんやきそば」。群馬県のB級グルメ「上州太田焼きそば」をイメージ、具材にほくほくのジャガイモを使用

 ●地域メーカー440社3900品の基盤築く  伊藤忠食品が地域産品の強化に力を入れている。地方経済の活性化を促したい自治体や地銀などと連携し、全国の隠れた地域メーカーの商品を発掘。自社の販売網や企画力を通じ、売場の差別化を目指す小売業のニーズへつなげようというもの。今期は地域産品の売上げ目標を10億円(前年比56%増)に設定し、より個性的なメーカー・商品の発掘や小売業への提案活動を加速する構えだ。  14日、同社が東京本社会議

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら