三菱食品、榮太樓總本鋪と共同開発でこだわりの和菓子8品発売

菓子 ニュース 2019.09.13 11940号 07面
原料や製法に独自の付加価値を持たせた。「宇治抹茶葛もち」(左)と「金のはちみつかりんとう」

原料や製法に独自の付加価値を持たせた。「宇治抹茶葛もち」(左)と「金のはちみつかりんとう」

「ひとくちようかんはちみつ・黒糖」(左)と「和菓子屋の栗ぜんざい」

「ひとくちようかんはちみつ・黒糖」(左)と「和菓子屋の栗ぜんざい」

 三菱食品は老舗菓子メーカーの榮太樓總本鋪と共同開発したようかんやかりんとう、ぜんざいなど和菓子の新商品8品を、9日から全国のSMなどの店舗で発売した。各商品の概要は次の通り。  「宇治抹茶葛もち」▽内容量=95g▽希望小売価格=300円(税別)▽商品特徴=程よい苦みのある宇治抹茶と、北海道産アズキの甘納豆を吉野本葛100%使用した葛もちに入れ、味と食感を楽しめるように仕上げている。  「金のはちみつかりんとう」▽内容量=110g▽希望小売価格=280円(税別)▽商品特徴=は

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら