請求書、支払通知書併用で検討 日食協、インボイス制度対応問題

卸・商社 ニュース 2020.11.18 12148号 01面

 23年10月に実施されるインボイス(適格請求書等保存方式)制度で、日本加工食品卸協会(日食協)は「請求書」と「支払通知書」の併用をインボイスに位置付ける方向で検討を進める。売り手からの請求書だけでなく、買い手が主体的に作成する支払通知書もインボイスとすることで、返品・値引きなどの記載漏れによる仕入税額控除の実損発生を防止し、事業者間における制度運用の円滑化を図る狙いだ。13日、日食協がオンライン開催した関東支部の経営実務者研修会で、同協会の時岡肯平専務理事が今後の方針として

購読プランはこちら

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら