ハークスレイ、20年上期は営業利益11%増 仕出しネットワークでM&A計画

惣菜・中食 決算 2019.11.29 11977号 02面

 【関西】ハークスレイの20年3月期第2四半期は、売上高237億4300万円(前年比3.0%増)、営業利益4億6600万円(同10.8%増)、経常利益6億2100万円(同3.1%減)、純利益は4億8700万円(同35.2%増)となった。持ち帰り弁当事業では小規模M&A(企業の合併・買収)による仕出しネットワーク作りの新計画が発表された。セグメント別では、持ち帰り弁当事業は売上高86億6500万円(同4.8%減)、営業利益は4億9100万円(同16.3%減)となった。店舗施策で

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら