岡山フードサービス、自社ブランド鶏「大摩桜」食べ尽くしビル開店

外食 新設・移転 2020.10.16 12132号 10面
生食用食鶏肉の衛生基準で処理した「大摩桜」の鶏刺しが楽しめる

生食用食鶏肉の衛生基準で処理した「大摩桜」の鶏刺しが楽しめる

「大摩桜」は150日間平飼いで、大きく育てる

「大摩桜」は150日間平飼いで、大きく育てる

 【関西】食肉に強みを持つ業務用卸の岡山フードサービスは12日、同社が開発した独自ブランド鶏「さつま極鶏 大摩桜」の“食べ尽くし”がかなうレストランビルを、大阪市北区にオープンした。ビルには居酒屋「さつま極鶏大摩桜専門店 とりひめ」と完全予約制「極み鶏料理 だいまおう」など3店舗が入る。いずれも直営店で、同社が推進する「6次産業事業」で生産した「大摩桜」などの畜農産が楽しめる旗艦店を目指して、店舗育成に努める。  同社は生産、加工、流通、販売を一体化した「食の6次化」を掲げ、

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら