ピックルスコーポレーション・第3四半期 生産性向上で2桁増益

農産加工 決算 2022.01.12 12346号 03面

 ピックルスコーポレーションが21年12月27日に発表した第3四半期連結売上高(21年3~11月)は349億2000万円(前年比0.8%減)、営業利益は26億8700万円(同17.1%増)、経常利益は27億8200万円(同16.7%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は19億1500万円(同18.5%増)だった。全国的な緊急事態宣言の解除に伴う外出自粛傾向の緩和などで巣ごもり需要が徐々に落ち着き売上高は微減したが、天候が比較的順調に推移し原料価格が安定、さらに生産アイテム集

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら