セブン-イレブン・ジャパン、セルフレジ導入

小売 ニュース 2020.08.12 12095号 04面

 セブン-イレブン・ジャパンは9月以降、全国の店舗にセルフレジ「お会計セルフレジ」を順次導入し、来年8月までに全エリアで導入が完了する予定。利用客の利便性向上とレジ業務の効率化を図るとともに、新型コロナウイルスの感染防止対策にもつながる。1日当たり約7時間分のレジ接客時間を削減できる見込み。セルフレジのタイプは会計を客が行うセミセルフ。既存のPOSレジに現金会計用の精算機やカード読取端末を設置する。現金、クレジットカード、デビットカード、各種バーコード決済、グループの電子マネ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら