総合惣菜メーカー・ヤマザキ、創業130周年 関西エリア販売倍増目指す

もう一品シリーズ「北海道産男爵のポテトサラダ」

もう一品シリーズ「北海道産男爵のポテトサラダ」

 総合惣菜メーカーのヤマザキ(静岡県吉田町)は21日、関西デポの運用を開始した。在庫拠点を得たことで、これまで以上に既存取引先との関係深耕や新規開拓が円滑になると期待がかかる。また昨年12月からは、関西エリア2府4県(大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山)でTVCMを放映開始。CMによる認知度向上と同時に、デポ運用開始による営業面の機能性向上によって、最終的には関西エリアでの販売倍増を目指す。  ヤマザキは、作りたての料理をそのまま閉じ込めた鮮度保証30~40日のロングライフ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら