食品添加物アルコール製剤、原料高騰で利益圧迫

総合 ニュース 2015.03.16 11153号 01面

 昨今の急速な円安の影響で、食品機械器具の除菌用途や食品添加物として多くの食品取り扱い現場で使用されている食品添加物アルコール製剤の原料となるエタノールの価格高騰が進み、アルコール製剤製造各社の利益を圧迫している。  食品添加物アルコール製剤は、食中毒菌をはじめとする多くの菌に対して除菌作用があることなどから、近年は病院や食品工場、外食産業など、さまざまな施設で広く利用されている。主原料はエタノールで、原料割合の50~70%程度を占める製品が多い。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら