フォーカスin:折兼・伊藤崇雄社長 エコはおしゃれに楽しく

 創業1887年。駅弁用折箱から始まった折兼は、130年以上にわたり食品包装資材専門商社として食品界に貢献してきた。7月からの新年度に本格的に掲げた方針の一つが「環境貢献」。その第1弾として業界初のエコ商品だけを集約したカタログ「weeco(ウィーコ)」を創刊し、「エコをおしゃれに、楽しむ」を訴求している。現在、コロナ禍でテークアウト需要などが増し、7月からはレジ袋有料化が始まる。環境貢献と消費者の新生活様式を見据えた施策にかじを切る。伊藤崇雄社長に聞いた。(海野裕之)  エ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら