乳酸菌ペプチドに記憶力向上成分 カルピスが発見、食品素材開発目指す

総合 ニュース 2012.11.26 10755号 02面

 カルピスの発酵応用研究所は、乳酸菌ラクトバチルス・ヘルベティカス発酵乳の中から記憶力向上作用を持つペプチドを確認した。マウス試験で明らかにしたが、この作用はヒトにも期待される。同社では今後、物忘れ予防や脳機能維持に役立つ食品素材の開発を目指す。  同社は1970年代から、「カルピス」を製造する過程で生み出される発酵乳「カルピス酸乳」の機能性研究を続けている。カルピス酸乳に含まれる乳酸菌ラクトバチルス・ヘルベティカスに着目し、今まで寿命延長、抗腫瘍、免

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら