玉垣製麺所、「新そばまつり」開催 地元十日町の味継承へ

約1200杯の新そばを振る舞い、家族連れなども多くにぎわった

約1200杯の新そばを振る舞い、家族連れなども多くにぎわった

 【新潟】十日町市の秋の風物詩「新そばまつり」が6日、玉垣製麺所本社敷地内で開催された。いち早く新そばの試食を振る舞うことで、地域へ貢献。来場した地元住民は、実りの秋を堪能した。  同社は、魚沼地域独特のフノリをつなぎにした「妻有そば」などを製造販売する乾麺メーカー。昨年の第4回は台風や地震の影響で北海道産の原材料確保が難しく中止したが、毎年恒例となっており今年は5回目として開催した。  当日は1200杯の試食を用意。北海道産の取れたて新鮮なそばの実を自社製粉工場の石臼で丁寧

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら