セブン&アイ・フードシステムズ、人手不足に調理ロボ導入 ライブ感で売上げ増も

外食 ニュース 2019.10.21 11958号 01面
たこ焼きロボットで人手不足解消だけでなく、ライブ感で来店客を楽しませる

たこ焼きロボットで人手不足解消だけでなく、ライブ感で来店客を楽しませる

 セブン&アイ・フードシステムズはイトーヨーカドー幕張店内(千葉市花見川区)のフードコートのファストフード(FF)店「ポッポ幕張店」(17日開店)で、たこ焼きやソフトクリームをつくるロボットを導入した。人手不足対策を図るとともに、品質も安定化できるほか、オープンキッチンでロボットが製造するところを見せてライブ感や楽しさも演出して売上げ増にもつなげる考え。同店で検証し、他店への導入も検討する。  導入したロボットは、調理ロボットサービスを開発しているコネクテッドロボティクスとの

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら