日本気象協会とKPMGコンサルティング、気象データを活用 需要予測高度化へ

総合 ニュース 2020.08.07 12093号 01面

 気象データの活用による需要予測の高度化で食品や衣料品など消費財で年間約1800億円を期待できる見込みと5日、日本気象協会とKPMGコンサルティングが共同で展開する総合コンサルティングサービスの発表の場で示された。気象データ活用の高度な需要予測で売上げや利益の向上、食品ロス削減などで効果を高められるという。  気象データ活用による高度な需要予測の導入で期待できる約1800億円のうち、効果が高い主なカテゴリーはアイスクリームが約377億円、チョコレートが約200億円、スポーツド

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら