セブンイレブン商品戦略 立地別品揃え深耕 商品開発・品質向上図る

小売 ニュース 2021.05.07 12224号 01面

 セブン-イレブン・ジャパンは21年度の商品戦略として立地別の品揃えを深耕する。コロナ禍で立地別に変化した消費者ニーズに対応する。青山誠一取締役執行役員商品本部長は「コロナ禍で行動が制約される中、すべての店が住宅立地化したが、一律ではない」と指摘し、都市型と郊外型とで品揃えを変える。商品開発は品質と味の向上に重点を置き、パウチ惣菜や冷凍食品では製造委託先をデイリー商品のメーカーに広げるほか、バゲットサンドでは新設工場に新設備を入れるなど生産体制から商品力を高める。DX(デジタ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら