ローソン、冷食売上高5倍目指す 新たに刺し身など

小売 ニュース 2021.11.29 12330号 01面
開発した冷食の新商品で新ニーズを開拓

開発した冷食の新商品で新ニーズを開拓

 ローソンは25年度に冷凍食品の売上高を20年度比で5倍に拡大することを目指す。家庭でのストック需要だけでなく、即食など新たなニーズを取り込む考え。冷食の新商品として簡便個食の丼物や弁当、容器付きのラーメン、刺し身や馬刺しなど水産・畜産系、デザート、ベーカリーなど新たな商品群も投入し、売場も陳列棚やケースを増やす。冷食売場の拡充などを含めた改装も今年度に約5000店規模で改装する予定で販売にも力を入れる。25日の記者会見で明らかにしたもの。(山本仁)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら