CGCグループ、商品・商談会も環境配慮 エコ訴求に注力

小売 ニュース 2022.04.27 12393号 01面
包材空間率20%以下のウインナーは緑色の「ECO」マークで環境配慮を訴求

包材空間率20%以下のウインナーは緑色の「ECO」マークで環境配慮を訴求

 CGCグループ(本部=シジシージャパン)は基準を満たした環境配慮型商品に「ECO」マークをパッケージや販促物に使って訴求し、店頭などでの認知度を高める。20、21日開催の合同商談会でも展示物に再利用できる素材を使うなどごみの削減などエコな展示に力を入れた。
 マークを使用する基準はパレット物流推進委員会の取組み商品、包装資材表面積10%以上削減、包装資材10%以上削減、空間率20%以下とする。カタログギフトは無包装で届ける商品、簡易包装のものは以前か