学給パン週2回を 全パン連、緊急対策委員会開く 現状把握へ調査も実施

小麦加工 ニュース 2017.05.31 11533号 01面

 全日本パン協同組合連合会(全パン連)は26日、第2回学校給食緊急対策委員会を開催し、組合の喫緊の問題である学校給食パンの減少に対し、実現すべき具体的な数値目標として「学校給食パン週2回の実施」を確認した。(青柳英明)  2月3日開催の第1回対策委員会で、組合員が直面する現状を把握することの重要性を認識したことから今後、全パン連および個別事業者にアンケート調査を実施し、学校給食の契約形態、学校給食パン

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

書籍紹介