赤田善、食品封入カプセル新技術で実用新案 食用油分野、よりおいしく便利に

食品封入カプセルの新技術、食用油分野で新たに実用新案を申請(醤油とオリーブオイル(右))

食品封入カプセルの新技術、食用油分野で新たに実用新案を申請(醤油とオリーブオイル(右))

既存の粉末製品を食品封入カプセルに入れたもの

既存の粉末製品を食品封入カプセルに入れたもの

 赤田善は5月に、硬質カプセルを食品に使用した「食品封入カプセル」の新技術に関して実用新案を申請し「食品封入カプセル事業」を立ち上げた。今回新たに申請しているのは食用油分野で加工食品をおいしく、より便利にする提案を行う。即席麺やスープなどの食品には、風味付けのための調味油が添付していることがあり、その調味油は、フィルムを溶着して形成した袋に封入された状態で提供されることが多いため、フィルム開封時に手が汚れたり、中身が飛び散る問題があった。調味油を硬質カプセルに封入して添付すれ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら