江崎グリコ、“糖質オフ生活”発信 自社商品で提案 アレンジレシピも開発

「おいしくない健康なんて!宣言」を行った(左から)木村幸生部長、山田悟医師、協力シェフの笹岡隆次氏、笹島保弘氏、ステファノダルモーロ氏、脇屋友詞氏

「おいしくない健康なんて!宣言」を行った(左から)木村幸生部長、山田悟医師、協力シェフの笹岡隆次氏、笹島保弘氏、ステファノダルモーロ氏、脇屋友詞氏

8月発売の「糖質オフキッチン」シリーズ

8月発売の「糖質オフキッチン」シリーズ

 江崎グリコは8日、東京・丸の内で“おいしさと健康を兼ね備えた食の新提案”として「おいしくない健康なんて!」プロジェクトのスタートを宣言した。健康志向の高まりの中、我慢せず無理なく続けられる“糖質オフ生活”を自社商品で提案すると同時に、有名シェフの協力を得てアレンジレシピを開発。丸の内エリアの複数飲食店で18日まで限定販売する。またキッチンカーによる試食キャラバンを、東京を皮切りに10月の福岡まで全国5都市で展開する。  同社は8月22日から、糖質とカロリーを抑えた家庭用冷凍

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら