農水省、国際的な栄養改善へ官民連携で取組み

総合 ニュース 2016.06.08 11365号 01面

 農林水産省は7日、国際的な栄養改善のために官民連携で取り組む考えを示した。農水省、外務省、食品産業センター、味の素社、キユーピーなどが参加した内閣府の栄養改善事業の国際展開検討チームが5月20日まで検討した報告を基に東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、実績を築いていく。アジア、アフリカの栄養不足人口の削減への食品企業の取組みを支援していく。(伊藤哲朗)  昨年9月の国際連合の総会で、「持続可能な開発のための2030アジェンダ(SDGs)」では(1)あら

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら