東京2020組織委員会、国際認証採用を議論 五輪の食材調達で

総合 ニュース 2016.02.08 11310号 01面

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委)は20年の大会運営に当たり、食材の調達基準に国際認証を採用する方向を含めて議論を始める。12年のロンドン大会での取組みを踏まえた。具体的な調達基準を検討するために定めた「持続可能性に配慮した調達コード 基本原則」と運営計画の基本的な考え方や目指すべき方向、検討の道筋、論点を示した「持続可能性に配慮した運営計画 フレームワーク」への提案や意見を12日まで受け付ける。  東京2020

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら