情報受け渡しに課題 ネット販売で事業者間 消費者庁調べ

小売 統計・分析 2016.09.16 11414号 01面

 食品のネット販売時の消費者への情報提供に当たっての製造者や仕入れ先とネット販売事業者との義務表示に関係する情報の受け渡しで、システム上の制約から情報が活用されないなどの課題が山積していることが浮き彫りになった。手作業で入力するケースは8割弱に達しているという。(川崎博之)  消費者庁が「食品のインターネット販売における情報提供の在り方懇談会」の第8回会合(13日開催)の資料として14日までに開示した「食品のインターネット販売における情報提供の在り方に関する調査(事業者)」は

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら