トラック輸送労働改善、付帯作業は別料金 国が早急検討

総合 ニュース 2016.11.30 11449号 01面

 物流センターでの検品や保管場所までの横持ち運搬、商品仕分けなどの運送業務以外のトラックドライバーの付帯作業や荷役(商品の積み下ろし)を運賃に含めず別料金とする方策の検討を、国は早急に進める意向だ。付帯作業は、加工食品や飲料・酒のトラック輸送取引の中で多く発生していることが「トラック輸送状況の実態調査」のトラックドライバー調査から明らかになっており、荷主都合に起因する時間拘束など労働条件改善の動きに合わせて今後、食品界にも理解や対応が求められることになりそうだ。(川崎博之)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら