乳製品貿易、11月から動物検疫 輸出促進に向け国際水準を構築 農水省が説明会

 11月1日から乳製品貿易での動物検疫が始まるに当たって、農林水産省動物検疫所は羽田空港支所が9月4日、門司支所鹿児島空港出張所が6日に航空貨物について、東京出張所が28日に海上貨物についての輸出入検疫の説明会を相次いで開く。乳製品の動物検疫は日本への家畜の伝染性疾病の侵入防止に万全を期すものだが、それ以上に輸出促進に向け国際基準や外国と同等水準の検疫体制を構築する狙いもある。(川崎博之)  今回、動物検疫の対象となる乳製品は、輸入の場合は11月1日以降に陸揚げされた乳製品、

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら