中国産ワカメ、生産量が70%減 原藻相場軒並み上昇

水産加工 ニュース 2016.05.09 11350号 01面
芽落ちが発生した中国・大連の養殖ワカメ

芽落ちが発生した中国・大連の養殖ワカメ

 16年の中国産ワカメは主要な産地である大連地区が生育不良に見舞われ、中国全体の生産数量は15年の21万2000tに対して、前年比70%減の7万3000t前後と大幅減産となる見込み。  中国・大連地区全体の養殖数量の70%を占める金石灘から大李家エリアが、沖出しする10月上旬の時期に海水温が高かったため芽落ちが発生した。その後も続けて沖出しを行ったが、さらに芽落ちが発生したことで、養殖数量が例年の20%に落ち込んだ。  さらに大

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

書籍紹介