日東ベスト、九州ベストフーズを専用工場に アレルギー対応商品立ち上げ

フレンズミール専用となる九州ベストフーズ

フレンズミール専用となる九州ベストフーズ

大沼一彦社長

大沼一彦社長

 日東ベストの大沼一彦社長は19日、学校給食、生協関係などで要望が高まる食物アレルギー対応のおかず新ブランドとして「フレンズミール」を立ち上げ、「9月1日から原材料に卵・乳を使用していないハンバーグや肉だんご商品など30品を新発売する」と発表した。  九州ベストフーズを卵・乳不使用の「フレンズミール」専用工場にする。日東ベストは他社に先駆け卵・乳・小麦を使用しない焼き菓子「フレンズスイーツ」を専用工場の「神町工場」で生産し07年から導入してきた。大沼社