全清飲、「自動販売機設置手数料の適用税率」など説明会 認識不足の混乱防ぐ

 全国清涼飲料連合会(全清飲)は、消費増税による認識の違いによる混乱を防ぐため「自動販売機設置先へのロケーションマージン(手数料)の計算方式」「リターナブル容器の『容器保証金』の考え方」についてこのほど清飲記者会で説明会を開催した。  10月1日からの消費増税により、自動販売機設置先のロケーションマージン(手数料)は標準税率(10%)が適用されるが、飲食料品は軽減税率(8%)が適用となる。「税込み」のロケーションマージンについて、軽減税率が適用される飲食料品の販売高(税込み)

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら