農水省、リスク管理すべき有害微生物にE型・A型肝炎ウイルス追加へ

総合 ニュース 2016.09.23 11416号 02面
第2回食品の安全性に関するリスク管理検討会

第2回食品の安全性に関するリスク管理検討会

 農林水産省の食品の安全性に関するリスク管理検討会は12日、2回目の会合を開き、優先的にリスク管理を行うべき有害微生物の見直しとサーベイランス・モニタリング中期計画の作成について議論を行った。優先度リストに追加する有害微生物としてE型肝炎ウイルスとA型肝炎ウイルスを新たに選定し、優先度を上げる方向性が示された。  同省が優先的にリスク管理を行うべき有害微生物のリストは、(1)リスク管理を継続するため、汚染実態調査の実施およびリスク管理措置を検討する必要

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら