大手小売、持続可能な水産物流通拡大へ 国際認証を積極活用

小売 ニュース 2017.10.30 11611号 01面

 多くの魚種で漁獲量減少が指摘される中、大手小売は持続可能な水産物の流通を促進するため、国際認証を積極活用する取組みに一段と力を注いでいる。イオンは27日までに、アジアの小売業として初めて「世界水産物持続可能性イニシアチブ」(GSSI)に参画した。西友は、海洋管理協議会(MSC)が持続可能な漁法に与えるMSC認証取得を目指す漁業者の取組みを支援するため、11月初旬から同取組みを通じて漁獲したビンチョウマグロを関東の約20店舗で販売する。(宮川耕平)  イオンが参画したGSSI

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら