15年国産ウイスキー見通し、2割超の増加 16年も成長維持 日本洋酒酒造組合

酒類 ニュース 2015.12.11 11284号 02面
中川圭一理事長

中川圭一理事長

 日本洋酒酒造組合は8日、東京都内で会見を開き、中川圭一理事長(ニッカウヰスキー社長)が15年の国産ウイスキー市場に関し「前年を20%程度超えて着地する見込み」との見通しを明らかにした。16年については「伸長率はやや落ち着く」としながらも「中長期的な成長への歩みは確実に進むだろう」と期待を示した。  15年はNHKのTVドラマ「マッサン」の影響で新規のウイスキーユーザーが増加。「特に2000円以上のプレミアムクラスの商品が大きく伸びた」(中川理事長)。その後も継続的に飲用され

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら